MENU

巻き爪の治療法 | 病院は何科に行けばいいのか? 爪の正しい切り方は?

巻き爪

病院で治療する場合巻き爪はまず整形外科に行きます。

 

 

手術するような場合には外科になります。
ワイヤー法巻き爪の治療法で1番よく行われている治療法になります。

 

 

爪の両端に穴を開けてワイヤーを通して爪の両端からワイヤーを引っ張る力を利用して巻き爪を矯正します。

 

 

 

治療後に通院も必要になるので治るまでに約1年程かかります。フェノール法患部が化膿している場合の治し方になります。患部に局所麻酔をして薬で爪の根元を焼く治療法です。痛みもすくなく、短時間の外科での手術になります。

 

 

自分で矯正する場合病院での治療はなにされるのか怖いと思う方や、費用が保険適応外で高いと思われる方も多く自分で矯正して治すという方法もあります。
専用の矯正キット簡単に巻き爪を矯正するキットが多数販売されているので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。テーピングテーピングを巻いて爪と食い込んでいる部分を離すことで痛みを和らげる方法です。

 

 

 

コットンで作られたパッキングを小さく切ったコットンを爪の間にはさんで、爪が食い込むのを防ぐといった方法です。
軽度の巻き爪に効果的であくまで応急処置になります。スクエアカットをした際に爪が短すぎたり爪の端が丸くなってしまっていると巻き爪になりやすくなってしまいます。爪を四角にカットすることで巻き爪になりにくい爪にすることができます。

 

パーマ液を使うという方法もあります。
パーマ液に含まれている成分の中には爪を軟らかくする効果があります。本来は髪に使うものですが、爪も髪の毛と同じ角質層でできているので爪を軟らかくしてくれます。

 

軟らかくなった爪は矯正がしやすいのでパーマ液で軟らかくしてから市販の矯正器具などを使うのもいいでしょう。

このページの先頭へ
納税について