MENU

痛くて、つらいすぎる巻き爪は、手術で治せるのでしょうか。

 

爪の先端や側面が湾曲し、爪が丸まり巻き込んだような状態を陥入爪といいます。

 

特にひどく爪が巻き込んだ状態を巻き爪ともいいます。

 

陥入爪が悪化すると、炎症や感染をおこし、赤く腫れ痛みを生じる事があります。
原因には諸説ありますが、遺伝的要因や靴による圧迫、また肥満、妊娠で過度に体重がかかることが原因の場合もあります。

 

 

深爪の習慣も爪の周りの肉が爪に向かってくるので爪への圧迫が起こり、陥入爪の原因となることもあります。
痛いから爪を切るといった対処は、一時的に痛みは改善しますが、また爪が伸び、肉も爪に向かってくるため、同じ事を繰り返してしまうのです。

 

 

治療法としては、初期であれば、市販の巻き爪ロボ、巻き爪ブロックなどの商品で予防、対処することも可能です。
また病院であれば、コットンパッキングという爪の側面に綿をつめるという治療もあります。

 

巻き込みがひどく、重傷になると手術になるケースもあります。手術には主に2種類あります。

 

 

1つ目は、肉にくい込んでいる爪を部分的に除去するフェノール法があります。
爪の根元を薬品(フェノール)で変性させて、その部分の爪を生えなくする治療です。
この方法は術語痛みを伴うことや、爪の幅が狭くなることで、見た目が悪くなるといったデメリットもあります。

 

フェノール法で巻き爪を治すことはできない!? 本気で治すらなら・・・

 

 

2つ目は、ワイヤー法は、爪に穴を開けてワイヤーを通すだけの、痛みが少ない、簡単で大変効果的な治療法です。
爪だけに処置を行うため局所麻酔は必要なく、外来で行えます。
ワイヤーの強い力で、巻き爪にワイヤーを装着すると変形した爪が矯正されます。

 

手術をすれば、陥入爪は改善するものの、爪は必ずのびてきますし、再発し、再手術ということも珍しくはないようです。
ワイヤーも定期的な着け直しが必要となります。完全に1回の手術で治すことはなかなか難しいです。
ですので、日ごろからの巻き爪予防に大切になります。普段の生活で靴を足に合ったもの選ぶことや、
深爪をしない爪の切り方をするなどの注意をすることで効果があるといわれています。
なるべく手術に頼らなくて良いようにしたいものです。

 

このページの先頭へ
納税について