MENU

巻き爪を何とかしたい!整形外科で治すことはできるのか?

巻き爪を何とかしたい!整形外科で治すことはできるのか?

 

巻き爪の治療において、外科的な処置が必要な場合には整形外科を受診するのが一般的です。
整形外科で巻き爪は必ず治るのか、また、どれくらいの費用が掛かるのかといった疑問をまとめました。

 

 

 

■整形外科ではどんな治療をするの?

 

整形外科では、爪の形を整えたり、爪をはがしたり、部分的に切除するといった外科的な処置が行われることが多いです。
しかし、整形外科だからこの処置を行う、という明確なルールはありません。巻き爪の治療方針はいろいろあるので、各医院の先生の判断によるところが多いのです。

 

ですから、整形外科に行けば自分が望んでいる治療方法が受けられるとは思わないこと。どのような治療方法で巻き爪を治したいのかということ、受診予定の整形外科ではその治療方法が受けられるのかの2つを調べておく必要があります。

 

 

 

■巻き爪治療にかかるお金はどれくらい?

 

巻き爪の治療にかかる費用は、どのような治療方法を選択するかによって大きく変わります。整形外科なら健康保険適用になると思っている人が多いのですが、ワイヤーやプレートでの矯正は保険対象外なので注意しましょう。

 

これらの方法を選んだ場合は、完治までに3~4万円かかるのが一般的です。切除手術は健康保険適用になるので、もう少し安く済むでしょう。

 

 

 

■巻き爪は放っておいても治る?

残念ながら、巻き爪は放っておいて自然に感知することはまずありません。それどころか、放置すればするほど症状が悪化することがほとんどです。

 

爪のカーブが大きくなって皮膚への食い込みが大きくなって、耐え切れない痛みになってから受診する人がほとんど。巻き爪は、初期の段階であれば簡単な治療で対処することが可能です。整形外科に行かなくても、市販の巻き爪対策グッズで十分対応可能なケースも多いのです。
耐え切れないほどの重度の巻き爪になると、整形外科に通って、時間もお金も費やさなくてはいけなくなります。

 

巻き爪になったら、早い段階で対処するということを覚えておきましょう。

このページの先頭へ
納税について