MENU

巻き爪を予防するために実践して欲しい正しい爪の切り方

 

巻き爪は痛いです。原因は様々ですが、巻き爪を何度も繰り返している人は、爪の切り方に原因があるかもしれません。
意外にも爪の切り方を変えるだけで、巻き爪が予防できる!そんなお得な情報をご紹介します。

 

 

 

●爪の切り方による巻き爪の原因

 

「深爪」これは、確実に巻き爪を引き起こしてしまう可能性が非常に高い切り方です。爪の白い部分が完全に見えなくなるまで爪を切らないと、我慢できないという方もいるようですが、深爪は、足の指先に圧力がかかった際、爪が皮膚に食い込んでしまう切り方です。ぜひ正しい切り方に挑戦してみてください。
「爪の伸ばしすぎ」巻き爪を予防する意味で、爪を長く伸ばす方もいるのですが、逆に巻き爪の原因となってしまうことがあります。特にヒールを頻繁に履く女性なら、足の指先に圧力がかかりやすくなるため、巻き爪を引き起こしてしまいます。

 

 

 

●爪の切り方(横一直線になるように切る。その後やすりを使い角のとんがりを削り取る

 

爪切り

 

巻き爪を予防する正しい切り方のポイントは2つあります。
1つ目は、横一直線になるように、まっすぐ爪を切ることです。目安は、指先と爪の先端が同じになるような長さで、まっすぐ切ります。

 

2つ目は、爪の角をやすりで整えることです。巻き爪を予防するためには、足の指先に圧力がかかっても皮膚に食い込まない爪の構造つくりが重要です。やすりは、少しずつ調整しながら爪の角にカーブをつけることができるのでおすすめです。

 

このページの先頭へ
納税について