MENU

巻き爪になる原因と対策の方法を簡潔に紹介します!

巻き爪

 

巻き爪になった時にはどのような改善方法があるのかですが、とにかく巻き爪になった原因を考えなくてはなりません。巻き爪の主な原因はいくつかあります。

 

 

遺伝による巻き爪

遺伝によって巻き爪になりやすい爪になるという意味で必ずしも巻き爪になるわけではありません。

 

爪の切り方による巻き爪

爪を切っていてついついなってしまう深爪は巻き爪になる原因にもつながります。

 

運動で負担をかけた事による巻き爪

つま先に負担がかかる運動をしていると巻き爪になりやすくなります。

 

靴による巻き爪

先の細くなったような革靴などを普段から履いていると巻き爪になりやすくなります。

 

 

加齢による巻き爪

加齢により爪が厚くなっていき水分が不足して乾燥をするので縮んでしまいます。この時に巻き爪になってしまう傾向があります。

 

 

原因がある程度わかった所で巻き爪になってしまった時の改善方法と治し方ですが、あくまでも軽度の巻き爪であれば自宅で治す事も期待できますが、症状が重い場合には迷わず専門医に診察、治療をしてもらうべきです。

 

 

軽度の場合に自宅でできる改善・治療方法ですが、いくつか説明します。

 

 

・専用矯正キットを使う
市販されていますが、自分の爪にあうものを選択する事がポイントになります。爪の肉への食い込み防止と正常な形に戻す矯正を目的とします。

 

 

・爪の切り方の工夫
原因にもありますが、爪の切り方が大切でなるべく平らにイメージ的には四角になるように爪を切ると巻き込み防止に効果があります。

 

 

・テーピングやコットンを使う
テーピングを爪と肉の間にすることで痛みをやわらげる効果があります。コットンも同様に爪と肉の間にはさむ事で痛みを緩和します。

 

 

 

中度以上の巻き爪の場合には、素直に病院に行くことをおすめします。巻き爪の場合は基本的には皮膚科の範囲内なので皮膚科専門医に適切な治療をしてもらうことが一番理想的な改善方法や治療方法になります。

このページの先頭へ
納税について