MENU

フェノール法で巻き爪を治すことはできない!? 本気で治すらなら・・・

巻き爪を治す方法としてフェノール法という手術があります。

 

フェノール法の特徴は、直接爪の根元を特殊な液体で溶かして爪が一生生えてこないようにすることで巻き爪を治してしまうというものです。

 

 

ですが、残念ながらこのフェノール法ではしっかりと巻き爪を治すことはできません。。。

 

 

その理由は2つ、

 

  1. 専門的な知識を持っている先生が少ない
  2. 爪の形がおかしくなってしまう

 

 

まず、フェノール法を確実にすることができる先生は日本でもほとんどいません。
しっかりとした先生にあたることができればいいのですが、そうでない先生にあたってしまうと・・・

 

 

あとは想像におまかせします。汗

 

 

 

また、フェノール法は爪を根っこから腐らせて行う治療なので爪の形がおかしくなってしまいます。
爪の状態がよくなるのはいいですが、その後爪が変な形になってしまい人に見せにくい撮ったことになってしまってはもともこもありません、、、

 

 

多くのかたがフェノール法で手術をして
あげく失敗して爪が見るもない形になっています。。。。

 

 

※グロッキーな画像になっているので閲覧される際はご注意ください。
フェノール法の画像

 

 

なので私はフェノール法を絶対に受けないと決めていました。

 

 

 

本気で巻き爪を治したいのであれば、自分で巻き爪を治す方がいいと私は思います。

 

 

 

事実私も自力で巻き爪を治した人の一人です。

 

 

私は自力で巻き爪を治す際に巻き爪専用に開発された巻き爪器具を使用しました。

 

それを使えば多くの人は病院に通うことなく巻き爪を自力で治すことができると私は思います。

 

 

矯正器具を実際に使った際の様子はこちらをどうぞ

 

 

このページの先頭へ
納税について